FC2ブログ

FX-4502J EX ②

前回弄ったFX-4502J EXをもう少しだけ弄りました。

FX-4502J EX_9

一部コンデンサをOS-CONに変更しました。交換した三か所はスペース的に余裕があったので、効果は不明ですが一応…。
アルミヒートシンクとアンプIC間のグリスを拭き取り、minus pad 8を貼り、LME49720にもヒートシンクを貼っておきました。
効果の程は分かりませんが、ヒートシンクを直に触るとそれなりに温かいので、効果はあるんでしょうかね…。

ホワイトノイズというか、サッーって鳴るのはアンプIC特有らしい事をネットでちらほら見るので、どうしようもないんでしょうね。
スピーカーの能率等にもよるらしいのですが、今使っているスピーカーでは気にならないので幸いです。
Date: 2019.03.12 Category: オーディオ  Comments (0) 

FX-4502J EX

今更ながら明けましておめでとうございます。 誰の為の記事かも分かりませんがね…。

さて、近頃はFX-2020A+ CUSTOMで満足しておりましたが、デュアルモノラルアンプという物が気になりました。

まあ気になったと言っても、これもまた違いが分からないのだろうなと思いつつ、安定のNFJさんより…

FX-4502J EX_1
FX-4502J EX_2

FX-4502J EXを購入しました。 (写真は既に手入れ済み)
デュアルモノラル構成であり、パーツも高音質仕様の物を採用。70W×2chとハイパワーです。
既に最大20W×2chのFX-2020A+ CUSTOMですら、マンション住まいにはオーバースペックです(笑)

最初は開封前に動作確認し、問題なく音が出力されているのを確認しました。
ですが、その際にふと感じたのがボリュームの位置によって多少ノイズが乗るという事でしょうか。
個体差によるのかもしれませんが、少し気がかりになります。

毎度の事ながら、改造前提で購入した為、FX-4502J EXを色々と調べました。
あくまで個人的に調べただけなので、型番は合っているか怪しいのもあります…。

・電解コンデンサについて

製品紹介では日本メーカー製となっていますが、個々の詳細はありませんので…。
コモンモードチョークコイル周りのコンデンサは"ELNA RE3 35V 10uF"です。
レギュレーター周りのコンデンサは"ELNA RJ3 35V 100uF"と"日本ケミコン TZE 16V 220uF"です。
オペアンプ周辺のコンデンサは"nichicon PL 35V 220uF"とnichicon VR 25V 100uF"と"Rubycon MHE 16V 47uF"です。
平滑用の大きいコンデンサは"日本ケミコン W 35V 8100uF"です。

電解コンデンサについては、日本メーカー製ではありますが、中には生産終了品等もあります。
全てが低インピーダンス品という訳でもなく、汎用品もあります。まあ低インピーダンス品である必要があるかは知らないんですが。

・フィルムコンデンサについて

製品紹介ページ通りのメーカーのコンデンサです。
"Vishay BC Components MKT 373 250V 1uF"と"PILKOR 500V 0.22uF"と"Epcos B32529 63V 0.022uF"と"Arcotronics R82 63V 1uF"です。

フィルムコンデンサは製品紹介通りですね。ただ、ニューフラッグシップモデルであるならばFX-AUDIO- 限定生産製品専用品を使っても良かったかも…。

・抵抗について

抵抗は特に製品紹介に記述はありませんが…。
"メーカー不明 47KΩ 1% 金属皮膜抵抗"と"メーカー不明 1KΩ 1% 金属皮膜抵抗"です。

色々な製品に使用されているのと同じ物だと思います。惜しむらくは、ニューフラッグシップモデルでありながら、DALEではない事でしょうか?

基本的には以上になりますかね…。オペアンプはNE5532が標準品となります。
画像では分かりにくいんですが、ニッケミのデカイコンデンサが結構汚いんですよね…。まあ汚れてても関係ないんですが。

さて、下調べが終わったので、交換用部品を用意しました。

FX-4502J EX_4

電解コンデンサは高耐圧・大容量となると中々見つかりません…。(探せてないだけかも知れませんが)
仕方無いので、デジットでELNAのブロックコンデンサ(63V 3900uF)を購入してきました。
並列接続用に秋月電子の密集実装大容量キャパシタというチップ積層セラミックコンデンサ群も購入しました。
他はマルツで日本ケミコンのKZHで揃えました。OS-CON等の固体電解でも良かったのですが、サイズ的に厳しい部分もあるんですよね…。

フィルムコンデンサはFX-AUDIO- 限定生産製品専用品とEVOX CMKとBispaのLGMFCが手持ちにあったので使用。
FX-AUDIO- 限定生産製品専用品は2個で500円とNFJの商品としては結構お高い…。(製品紹介でも結構自信有みたいですね)

抵抗は、毎回使おうとしてサイズが大きすぎて使えなかったアムトランスのAMRG 0.75Wを海神無線で購入しました。

配線材は買ったけどまったく使わないアムトランスの金メッキOFC線です。

で、はんだ吸い取り器で取り外して、はんだごてで取り付けて…。

FX-4502J EX_5
FX-4502J EX_8

今回は結構時間が掛かりましたね…。計ってないので分かりませんが(笑)
ブロックコンデンサが思いの外大きくて、取り付けるのに手間取ったり…。
ラジアルからアキシャルに変えると、リードが干渉して取り付けるのに手間取ったりしました。
オペアンプはNE5532からMUSES02に交換しました。
はんだはSR-4NCuを使いましたが、SS-47の方が作業し易いので、SR-4NCuは微妙ですね…。

さて、作業完了後にテストしてみました…。
しかし、電源ONと同時にノイズが…。
色々調べた結果、どうもオペアンプのMUSES02が原因のようです。
で、試しにOPA627APにしましたが、今度は音が出ません(笑)
次にLME49720にしたところ、特に問題なく音が出力され、ノイズも出ませんでしたのでLME49720にしました。
相性というか、回路的な問題なんですかね…。詳しくないので分かりませんが。

少しだけホワイトノイズが出ますが(気にはならないレベル)、ボリューム位置のノイズも出ませんし、良い結果となりました。
まあボリューム位置のノイズに関してはボリュームを何回も往復させた効果もあるやもしれません…。
今後はFX-2020A+ CUSTOMと気分で使い分けでもしましょうかね…。
Date: 2019.03.08 Category: オーディオ  Comments (0) 

AD00026を組み立てる

最近特にやる事もやる気もない…。週末はパチ屋に行くというダメダメ生活です。
ブログは記事にする事がなければ書けないし、所詮は自己満記事ばかりですからね…。

で、先日デジットで"ビットトレードワン 電流帰還アンプ キット"なるものを購入してきました。
完成品だと暇つぶし要素が無いので、基本的にはキットがいいんですよね…。
コンデンサや抵抗を自分で探した物で組み立てるというのは、自作PCと似ているかなーと思います。

AD00026-1.jpg

製品自体は5年前に発表された物のようですが、その点はあまり関係ないでしょうか…。
使われているICのNJM2073はノイズが大きい点からあまり評価はよろしくないようですね…。

まあ実際使ってみてどうなのか、が全てだと思うので、いざ組み立てます。
で、このキットの標準の部品ですが、コンデンサは日本メーカー製の汎用品で、抵抗は一部金属皮膜抵抗で他は炭素皮膜抵抗です。

AD00026-3.jpgAD00026-5.jpg

電解コンデンサは全て"Rubycon PK"      抵抗は"小型カーボン抵抗と金属皮膜抵抗"

写真は無いんですが、フィルムコンデンサが2個ありまして、恐らく"Rubycon F2D"だと思われます。
コンデンサや抵抗の違いが分かるかどうかはさておき、一部別途購入した物に交換しました。

AD00026-4.jpgAD00026-6.jpg

電解コンデンサは "Vishay EKA"         抵抗は "DALE RN-55"
         "SUNCON ME-WG"         "DALE RS-2B"
         "Nichicon KA" で構成        "OHMITE WN" で構成

フィルムコンデンサには"ERO MKC1862"を使用しました。

AD00026-7.jpg

部品の数は少ないので、そんなに組み立てに時間は掛かりません。
で、肝心の音出しですが…。組み立て直後でも十分良い音だと思うんだ(´・ω・` )

正直、ニアフィールドリスニングだとそんなに違い分からないのじゃない?
Date: 2018.10.23 Category: オーディオ  Comments (0) 

FX-2020A+ CUSTOM 二台目

トーンコントロールが出来ないFX-2020A+ CUSTOMは個人的には使い勝手が悪いので、二台目を買いました。
数日間は部品の調達等の兼ね合いから、ノーマル状態で使用していましたが、部品も揃ったので…。

FX-2020A_ CUSTOM10

一台目と基本的には交換した部品は変わらないのですが、今回はトーンコントロールのボリュームはそのままにしました。
CE-BP 25V 2.7uFはそのままにして、他の電解コンは日本ケミコンのPSシリーズで統一してみた。
一部を積層セラミックコンデンサに交換して、LPFの増設パターンには手元にあった銅箔スチロール1800pFを使用。

オペアンプはバッファ回路側がMUSES03、トーンコントロール回路側は写真ではOPA627AUですが、今はOPA1622を使用。
MUSES03は秋月でも1つ2500円なので、本機にはコストが見合いませんが手元にあったので使用。
OPA1622も以前DAC-X6J用に秋月から買ったけど、まったく使わず余っていたので使用。

結論:トーンコントロール機能が使えるのはありがたい(´・ω・` )
これでメインで使うプリメインアンプが完成したので当分はFX-2020A+ CUSTOMを使う事としましょう。
Date: 2018.07.30 Category: オーディオ  Comments (0) 

やらかす

タイトル通りにやらかしてしまいました…。

FX-2020A+ CUSTOMですが、ボリュームの交換を行ったのですが、結果トーンコントロール出来なくなりました(´・ω・`;)

FX-2020A_ CUSTOM9

メインのボリュームは"VISHAY P9A"に交換しました。 まあ9mm角ボリュームになるとアルプス電気製かLinkman製の物ぐらいしか
見当たらなかった為、以前にも使った事があったので、コンダクティブ・プラスチックのP9Aにしてみました。
ここの交換は特に問題はなかったのですが…。

問題はトーンコントロール回路のTREBLEとBASSの50KΩBカーブのボリュームです。
どうせやるなら、ここも交換しようと思ってアルプス電気製の"RK0971210"に交換しました、が…。
まず、トーンコントロールの方にスイッチを切り替えるとポップノイズが"ボンッ"と鳴って焦る(´・ω・`;)
BASS・TREBLE共に回すと、スピーカーのL/Rどちらかのみに補正が掛かる(´;ω;`)

結論:DIRECTでしか使えません。

トーンコントロール無くなったただのデジタルアンプの完成ですね( ゚Д゚)
しかしFX-2020A+ CUSTOMのトーンコントロール機能は正直良かったのでアレですね(´・ω・` )
恐らく作業ミスによるものだと思うので、自業自得ですな…。
もう一台買ってまた改造となると、結構な出費になるので今すぐ注文とはいきません(´・ω・`;)

という訳で…。

FX-1002J__1.jpg

FX-2020A+ CUSTOMをダメにした、その直後にFX-1002J+を弄るという…。
まあ電解コンデンサの交換と、出力側?の抵抗を交換したぐらいですが…。
久々に使ったのですが、以前は若干ホワイトノイズが出ていた気がするのですが、まったく出なくなりました。
代わりというか、元からだったかもしれませんが、"キュイーン"と聞こえるので、発振しているんでしょうかね(´・ω・`;)
まあ気にならない程度なので、ダメだったらそのうちぶっ壊れるでしょう(;´・ω・)

ドブ銭とは正にこの事ですな…。
Date: 2018.07.08 Category: オーディオ  Comments (0) 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ただの村人A

Author:ただの村人A
Name:KeNNzy or Murabito2(nd)

-Current Playing-
Origin (Apex Legends)
Murabito2nd
Steam
KeNNzy

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
5179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
766位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
応援バナー・その他


PC Spec
Main PC = Supuremo V3
CPU: Core i7 5930K @4.0GHz
CPU Cooler: Water 3.0 Ultimate
M/B: X99 Taichi
RAM: HX428C14SBK4/32
STR: SSDPEDMW400G4X1
STR: SDSSDXPS-240G-J25 x3
STR: MQ01ABD100H
GPU: GF PGTX1070/8GD5 HOF
GPU: GV-N1070G1 GAMING-8GD
PSU: RM1000x
Sound Card: SB-ZxR
LAN: Onboard
Devices
Mouse: Rival 310 (800CPI/1000Hz)
MousePad: 紫電改 MID S
Keyboard: K65 RGB RAPIDFIRE
Headset: G4ME ONE Black
Monitor: GB2488HSU-2 @144Hz
Monitor: XB2483HSU @60Hz
Sub PC Spec
CPU: Core i7 3930K @4.0GHz
CPU Cooler: Water 2.0 Pro
M/B: RAMPAGE IV FORMULA
RAM: KHX2400C11D3/4GX
STR: THNSNH128GCST x2
STR: PX-128M3P x2
STR: MQ01ABD100H
STR: ST3500413AS
GPU: ENGTS250 DK TOP/HTDI/512MD3
PSU: ENERGIA-P-1000P
Sound Card: SC808
Sound Card: SB-Z
LAN: Gigabit CT Desktop Adapter